ネオスニュース
NEOS Newsとは?

広告宣伝の効果は?ブランディングって何?
NEOS Newsとは、そんな悩みを抱えている中小企業の皆様に、広告宣伝・ブランディングの最前線の現場からお届けする必読のニュースです。

最近のネオスニュース

Vol.165 上越市立水族博物館 うみがたり 新聞広告 デザイン(2018.7.10)

●上越市立水族博物館 うみがたり 新聞広告 デザイン

6月26日にオープンしました上越市立水族博物館 うみがたり様の新聞広告のデザインのお手伝いをさせていただきました。

掲載は、4月26日、5月26日、6月21日と3回にわたり毎回、新潟日報と信濃毎日新聞と上毛新聞紙上にて告知されました。
うみがたり様の最大の特徴は、マゼランペンギン飼育数世界一、日本で5 館目となる珍しい シロイルカの飼育、大水槽と日本海が一体になったように観れるシームレスで素敵な空間です。

オープン2ヶ月前からの告知は、初回はマゼランペンギンの可愛いビジュアルを、2回目はシロイルカのビジュアルを全面に配置し、期待感を煽るアイキャッチを使用しデザイン。3回目は、ワクワク感を伝えるためアングルに工夫して撮影した写真を、ロゴのカラーに合わせリズミカルに配置しデザイン。

全3回を通して期待が盛り上がるような流れとなっています。また初回の広告は、信濃毎日新聞様の4月の月間話題広告賞を受賞いたしました。関係者の皆様に感謝申し上げます。OPEN初日は、600人の行列ができ大盛況。この夏、うみがたり様で来館者様それぞれの素敵な物語が沢山生まれることをココロより願っております。
シロイルカ、マゼランペンギン必見です!

●かきがわ不動産 ウェブサイト公開! 【URL】https://www.kakigawa.com/

この度、ローカルで豊かな暮らしを提案する「かきがわ不動産」のロゴマーク及びウェブサイト制作のお手伝いをさせていただきました。

社名の由来である、「かきがわ」は長岡市を流れる「柿川」のこと。
運営元である池田組様より、かつて柿川は、物流のために利用され人々の生活を支えていて、柿川のように「地域に寄り添う姿勢を大切にしたい」、「変わらない価値や物語を伝えていきたい」というお話をお伺いしました。

そこで地域に寄り添う親しみやすさをロゴマークで表現。中の「柿」の文字は、悠久の時を経て、長岡の人々の暮らしを見守る姿勢を表現しました。
ウェブサイトは、空き家のオーナーと買い手をつなぐマッチングサイトとしての役割を果たしていて、管理している物件から「暮らし方」で検索が可能となっています。

地域に寄り添うかきがわ不動産サイト。ぜひ一度、ご覧いただきたいと思います。

Vol.164 新潟の美しき庭園と街道の旅へ にいがた庭園街道(2018.6.02)

●新潟の美しき庭園と街道の旅へ にいがた庭園街道

新潟「美の世界」との遭遇・・この素敵なタイトルに足が自然と運ばれていく。この度、村上から新潟市まで290号線沿いに続く「にいがた庭園街道」をご紹介するWEBサイトとポスターのデザインのお手伝いをさせていただきました。新潟にこんなに美しい世界があることに驚きと誇らしさが重なり、非の打ちどころのない美しさを誇る日本庭園と日本建築をご覧になると思わず感嘆の声を漏らしてしまうほどです。街道の背景にある自然の山々も素晴らしいバランスでなじみ、苔の鮮やかな緑と季節の移り変わりのコントラストが絶妙の雅な庭園、池庭がたくさん紹介されております。どの庭園も計算尽くされた景観と日本の美に満ちています。思わず、旅に出たくなるそんな情感を頂いていただけるように臨場感のあるデザインでお伝えしております。心の奥行きが広がる素晴らしき美の旅へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。(村上)

●ニュース

長岡市民に息づく米百俵の精神 米百俵財団ホームページ開設!

長岡に伝わる「米百俵の精神」を継承・発展させ、明日を担う人材の育成を図ることを目的とし設立された公益財団法人長岡市米百俵財団様。この度、ホームページ開設のお手伝いをさせていただきました。 財団の活動を身近に感じていただくために、全体をイラストで構成。TOPページの動画では、小林虎三郎を中心に、子どもたちが夢に向かって歩む様子をコマ送り動画で表現しています。このホームページをきっかけに、長岡の子どもたちの一粒の夢が、やがて大きな実となり、未来へ羽ばたいていく一助になれば幸いです。(加藤)
https://kome100.or.jp/

 

Vol.163 長岡中央綜合病院様 ウェブサイトリニューアル!(2018.5.10)

●長岡中央綜合病院様 ウェブサイトリニューアル!

この度、昭和8年に設立された歴史ある長岡中央綜合病院様のWEBサイトリニューアルのお手伝いをさせていただきました。  制作する過程で、院内の様々な分野の方々に接し、皆様、それぞれの立場で確固たる信念を持ちながら、医療に従事されており、深く感銘いたしました。長岡中央綜合病院様の信念と誇りはWEBの各ページから伝わってくるかと思います。  また、スペシャルコンテンツとして「お見舞いメール」を設置いたしました。これは、「術後のご様子を知りたい」、「遠方でお伺いできない」、「お見舞いの言葉をすぐに伝えたい」などの想いをWEB上で受付し、院内で手紙として出力。患者様宛に伝えるシステムです。これも患者様の事を第一に考え、真剣に向き合う長岡中央綜合病院様ならではの心温まるコンテンツではないでしょうか。  患者様と医療者の笑顔がいっぱいになる病院を目指し、これからも地域医療に多くの貢献をしていただけると思います。(村上)

●ニュース

エヌ・エス・エス株式会社 名古屋M-Tech出展

第3回名古屋機械要素技術展が4月11日から3日間開催されました。この展示会にエヌ・エス・エス株式会社様が初出展されることにより、弊社でブースのデザイン制作・施行を行いました。初出展でもあるので、この名古屋地域の方や集まる方に向け、エヌ・エス・エス様の製造品「スピンドル」製造のPRをわかりやすく伝えることをコンセプトに。代表的なスピンドル製品を、遠くからでも認識できるよう壁面に大きく出力、全体的に黒で統一し、展示する製品が目立つデザインにしました。また、エヌ・エス・エス様から提案があったスピンドルオブジェを前に置くことで、インパクトを演出しました。様々なスピンドルの製品を置く形になるので、実際に展示する製品も限定することで、空間をつくり見やすいブースデザインにしています。

バックナンバー
このページの先頭へ戻る