その他カテゴリー

外国人が選ぶ2018年注目の旅行先1位は新潟県

訪日外国人観光客の増加で、日本国内で「インバウンド地方創生」がホットなキーワードになっていますね。
これからのインバウンドは地方部が主役になるということで、テンプレの京都だけでなく、日本人がなかなか注目してこなかった地方にも光が当たりつつあるようです。

そんな中、外国人が作った日本観光の情報サイト「ガイジンポット」で「2018年 日本の旅行先トップ10」でわが新潟県が1位をとったようです。
誇らしいとともに身の引き締まる思いですね。

サイト編集部の独自ランキングのようですが、推薦文には「新潟は外国人観光客にはほとんど無視されている」とあるので、京都や東京に飽きた層へのニッチでオリジナルなトリップの提案なのかもしれません。
今年は3年に一回の大地の芸術祭が開催されたり、ボブ・ディランの出演が発表されたフジロックフェスティバルも注目の根拠のようです。
山、海岸線、米、酒、温泉など自然と文化の美しさに囲まれた土地だと言っています。その通りですね。

————
ガイジンポット Top 10 Japan Travel Destinations For 2018
https://travel.gaijinpot.com/top-10-japan-travel-destinations-2018/

2018年版 日本の旅行先トップ10

1 Niigata Prefecture(新潟県)
2 Beppu City(別府市)
3 Yakushima(屋久島)
4 Osaka City(大阪市)
5 Noboribetsu(登別)
6 Shimanami Kaido(しまなみ海道)
7 Kanagawa Prefecture(神奈川県)
8 Daito Islands(大東諸島)
9 Noto Peninsula(能登半島)
10 Yamagata Prefecture(山形県)

————

サイトのトラフィックをみると、主にアメリカ人がユーザーのようです。

美味しいお米と空気に触れて素晴らしい滞在になることを祈らずにはいられないですね。

写真は2012年の大地の芸術祭

(kj)

Vol.162 ダイエープロビス分譲地 Green Side Villa 亀田向陽 トータルブランディング

●ダイエープロビス分譲地 Green Side Villa 亀田向陽 トータルブランディング

桜、バーベキュー、紅葉。四季折々の表情を魅せる亀田公園。この度、公園隣に新しい分譲地をダイエープロビス様がオープンされ、そのロゴマーク、キャッチコピー、TVCM、パンフレット、WEB、看板制作等、トータルブランディングをお手伝いさせていただきました。ロゴマークは、公園に広がる緑いっぱいの自然と、そこに住まう人々の楽しく、明るい幸せをコンセプトに制作。また今回制作したイメージ動画は、新潟駅や新津駅のデジタルサイネージ「J-ADビジョン」や、JR東日本地方エリア初媒体・デジタル車両メディア「トレインチャンネル」でもご確認いただけます。四季折々の自然に憩う亀田向陽で、設計士とつくる素敵な幸せをたくさんみつけてみてはいかがでしょうか。(加藤)

●ニュース

火焔柄のキッチンツールを IDSに出品

ニイガタIDSデザインコンペティション 2018 に火焔型土器の文様をモチーフにしたキッチンツールの提案「Kaen」を出品しました。火焔型土器の文様をモチーフに、縄文人の文化や精神性を現代の生活に取り入れることで失われた(≒新たな)喜びや楽しさを発見するプロジェクトです。利便性や効率が感覚のベースとなった慌ただしい現代の生活。そんな中で、あえてひと手間かけたり、ちょっとした工夫をすることで、食材への敬意の念が湧き、暮らしが少し贅沢に思えたり、豊かな気持ちを持てる。Kaenは道具の、素材や使い方にこだわりをもち、「手間を愉しむ」ことを通じて、「心の豊かさ」を提案しました。

 

その他のメニュー
このページの先頭へ戻る