その他カテゴリー

冬季休業期間のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜わり、厚く御礼申しあげます。
誠に勝手ながら弊社では、下記の期間を冬季休業とさせていただきます。

2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)

休業中のお問い合せにつきましては、2018年1月5日(金)以降に順次対応させていただきます。
皆様にはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

Vol.158 まっすぐに、醸し伝える新潟の味。

●まっすぐに、醸し伝える新潟の味。

柳醸造株式会社さまは長岡市三島地区にあり、 創業130余年、越後味噌やお漬物などの製造販売、 全国への通販のほか駅ビルCoCoLo長岡に店舗を運営されています。 この度弊社では、ブランディングのお手伝いをさせていただき、 これまで積み上げてこられた歴史を大切にしながら、 スローガン、ロゴ、パッケージ、WEBと幅広くリニューアルいたしました。 ブランディングは外側からイメージをつけるのではなく、 企業の志やあるべき姿を明確にしていくことからはじまります。 お客様へ、製品へ、まっすぐ向き合う柳醸造さまの想いを大切に 未来へとつないでいくブランドとなることを目指しました。 昔ながらのお味噌、地元の素材を使用した漬物など、 ご進物やお土産にどうぞご利用ください。(南雲)

●ニュース

北雪酒造の甘酒 甘麗な輝きに酔いしれる。

この度、北雪酒造さまの甘酒ラベルのデザインを制作させていただきました。 丁寧な酒造りで培った技術と、深みのある日本酒の味わいを甘酒で堪能できます。 そして、酒蔵のある佐渡には、日本三名狸にも入る化け狸「団三郎狸」の民話があります。 佐渡ではムジナとも呼ばれる狸。 女性にも可愛がられる「狸顔」をメインビジュアルにいたしました。 世界のセレブも酔いしれる誇り高き日本酒メーカーからお送りする甘酒は、 とても甘美で優しく、心に響き渡ります。 デザインした女性は、毎日の日課が甘酒を飲むこと。 飲む点滴とも言われる栄養価の高い甘酒で、疲れた身体を綺麗にいたしませんか?(村上)

ふくら 〜だるまシリーズ〜

気がつけばもう12月。1年って本当にあっという間ですね。

わらぶ「ふくら」も正式リリースより、あと少しで1年となります。

今回は最も人気な「ふくら だるまシリーズ」のモチーフについてご紹介いたします。

 

 

 

だるま

合格祈願や七転び八起きの縁起物としておなじみの「だるま」。

その姿は仏教の一派である禅宗の始祖、達磨大師の座禅姿を模したものです。

日本各地で製造されており、地域によって様々なデザインがあります。

生産量日本一の群馬県で製造される「高崎だるま」は、

眉毛は鶴、口ひげは亀の形に描かれています。鶴と亀でまさに縁起が良いですね!

 

 

 

招き猫

商売繁盛の縁起物、「招き猫」です。

昔の日本では、猫は穀類や蚕、経典などの財産をネズミの食害から守る縁起物でした。

招き猫のうち、右手を上げているものは金運を、左手を上げているものは客を招くとされています。

招き猫はアメリカでも人気があり「ラッキーキャット」や「ウェルカムキャット」と呼ばれています。

ちなみにアメリカ仕様の招き猫は手の甲を下に向けた”come on!”のポーズで手を上げています。

日本の手招きは、アメリカでは”あっちに行け”のジェスチャーだからなんですね。

 

 

 

赤いみみずく

フクロウの中でも耳のような飾り羽根があるものを”みみずく”と呼びます。

フクロウは「不苦労」「福籠」などの語呂合わせの縁起物です。

また、赤いみみずくは病気除け、特に疱瘡(天然痘)除けの縁起物でした。

古来より赤い色は魔除けや病気除けの色とされています。

疱瘡が恐れられていた時代には多くの赤みみずくが生産されましたが、

疱瘡の流行の終息と共に姿を消していきました。

 

 

 

張り子犬

来年2018年の干支、犬です。

犬はお産が軽く、子犬もすくすく育つので、安産と子どもの健康・成長を祈願する

縁起物として張り子犬が作られました。

子どもをあやせるようにでんでん太鼓を背負わせたものもあります。

また、「犬」という漢字に「竹」をかぶせると「笑」の字に似ていることから

竹籠を被った張り子犬や、竹の葉がデザインされた張り子犬も作られています。

 

 

 

2017年もあと少し。

縁起物をモチーフにした「ふくら」はお正月にぴったりです。

おめでたいミニケース・インテリアの「ふくら」で新しい年を迎えませんか。

ぜひお気軽にお問い合せください。

 

▼わらぶ 「ふくら」

http://www.wa-love.jp/products/fukura/

メール info@wa-love.jp

その他のメニュー
このページの先頭へ戻る