X
    Categories: 未分類

ブランディングとは?

製品は工場でつくられ、ブランドは「消費者」のココロで
つくられるといわれます。ここでたいせつなのは、
その製品が消費者に選ばれるためには差別的優位が
なければならないということです。
この差別的優位はブランドの3つの価値から構築します。
1つめは製品の性能や品質などの機能的価値、
2つめはかっこいいとか斬新なとかの感覚的な価値、
3つめは高い満足、信頼感などの心理的価値です。
つまりブランディングとは、「ある製品やサービスをココロの
一番にするための長期的な創造活動」のことで、
ブランドロイヤルティを高める上で経営戦略としてもたいへん重要な意義を持ちます。
ブランディングにおけるデザインの役割は、そのブランドの持つ「世界観」を五感に
イメージづけする創造的活動といえます。