ブログ

気がつけばもう12月。1年って本当にあっという間ですね。

わらぶ「ふくら」も正式リリースより、あと少しで1年となります。

今回は最も人気な「ふくら だるまシリーズ」のモチーフについてご紹介いたします。

 

 

 

だるま

合格祈願や七転び八起きの縁起物としておなじみの「だるま」。

その姿は仏教の一派である禅宗の始祖、達磨大師の座禅姿を模したものです。

日本各地で製造されており、地域によって様々なデザインがあります。

生産量日本一の群馬県で製造される「高崎だるま」は、

眉毛は鶴、口ひげは亀の形に描かれています。鶴と亀でまさに縁起が良いですね!

 

 

 

招き猫

商売繁盛の縁起物、「招き猫」です。

昔の日本では、猫は穀類や蚕、経典などの財産をネズミの食害から守る縁起物でした。

招き猫のうち、右手を上げているものは金運を、左手を上げているものは客を招くとされています。

招き猫はアメリカでも人気があり「ラッキーキャット」や「ウェルカムキャット」と呼ばれています。

ちなみにアメリカ仕様の招き猫は手の甲を下に向けた”come on!”のポーズで手を上げています。

日本の手招きは、アメリカでは”あっちに行け”のジェスチャーだからなんですね。

 

 

 

赤いみみずく

フクロウの中でも耳のような飾り羽根があるものを”みみずく”と呼びます。

フクロウは「不苦労」「福籠」などの語呂合わせの縁起物です。

また、赤いみみずくは病気除け、特に疱瘡(天然痘)除けの縁起物でした。

古来より赤い色は魔除けや病気除けの色とされています。

疱瘡が恐れられていた時代には多くの赤みみずくが生産されましたが、

疱瘡の流行の終息と共に姿を消していきました。

 

 

 

張り子犬

来年2018年の干支、犬です。

犬はお産が軽く、子犬もすくすく育つので、安産と子どもの健康・成長を祈願する

縁起物として張り子犬が作られました。

子どもをあやせるようにでんでん太鼓を背負わせたものもあります。

また、「犬」という漢字に「竹」をかぶせると「笑」の字に似ていることから

竹籠を被った張り子犬や、竹の葉がデザインされた張り子犬も作られています。

 

 

 

2017年もあと少し。

縁起物をモチーフにした「ふくら」はお正月にぴったりです。

おめでたいミニケース・インテリアの「ふくら」で新しい年を迎えませんか。

ぜひお気軽にお問い合せください。

 

▼わらぶ 「ふくら」

http://www.wa-love.jp/products/fukura/

メール info@wa-love.jp

その他 | neos |

少し前の事になりますが、お盆休みを利用して
「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」に行ってきました!

4部の舞台「杜王町」のモデルになったといわれる仙台市で開催されています。
会場にいってみると、雨降りにもかかわらず長蛇の列。。。
やっぱりすごい人気ですね!

並んでいると自然とワクワクしてきます。

会場ではジョジョ以前の原画から、第1部〜第8部まで、多くのカラー原画と
モノクロ原稿を展示しています。

ジョジョ立ち?というのでしょうか、
不思議なポーズで記念撮影されてる方もいて独特な雰囲気ですね。

正直、私はあまり熱狂的なファンというわけではないのですが、(4部で脱落)
充分に楽しめる展示でした!

 

会場周辺にも色々と仕掛けが…

ローソンがオーソンに

ジョジョデザインのマンホール

 

9月10日(日)まで開催しています!

▼荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017
http://jojofes.com/gengaten/

 

(よよよ)

 

その他 | neos |

先日、三条ものづくり学校で期初に開催する恒例の社外会議+ランチ会を開催しました!

三条の南小学校をリノベーションしたこの校舎、さすが、世界各地へデザイン性、機能性の高いものを送り届けていられる三条を感じます。

建物の中は、あちらこちらでおしゃれなデザインが感じられます。

教室それぞれに掲げられたサインもとってもかわいくて、素敵!(☆。☆)

そして何よりも懐かしい空気が漂っていました(^^♪

小学校の教室のまま、お借りする分けですから、当然といえば当然ですが・・・

いすにすわると、ぎりぎりのスペース・・新鮮な感覚のまま、会議開始。

すっかり心は小学生!なのか、会議途中、笑顔もこぼれます

いつものオフィス家具での会議とはなにかが違う!!

みんな、童心にかえって、気持ちよく会議ができました♪

その後は、三条のモダンフレンチレストラン「UOZEN」でランチ(^∪^*)

繊細な食味が心まで沁みわたります。

器もカトラリーも三条の逸品。

手に馴染ませながら、目で楽しみながら、逸品に触れながら、美味しいお料理を
いただきました〇(≧▽≦)〇

素材の良さ、目に美しいお料理、機能とデザイン性にすぐれたカトラリー・・
ココロが動かされっぱなしのランチ会でした。

新しい期に入ったネオス。

新潟の・・日本の・・もっと先の
世界オンリー1のクリエイティブ集団になろう!と一致団結。

これからも、

クライアントに、家族に、仲間に、

みなさまの幸せのために、

たくさんのワクワクを届けたいと思っています。

(murakami)

会議のお部屋

思わず走りたくなる廊下♪

UOZENさんのお庭です。

まずは、乾杯!

ネオスのこと | neos |

今年の立秋は8月7日ということで歴の上では秋ですが、台風5台によるフェーン現象で長岡市は暑かったり、かと思えば雨が降り寒かったり、冷房が効いている社内と外の温度差に体が慣れず何だか怠い…。

そんな、夏バテ症状を解消すべく、しそジュースを作りました。子供のころから飲んでいますが、年々その効果を感じています。甘すっぱい味と赤じそのキレイな赤色が体を元気にしてくれます。

作り方は、赤シソ、砂糖、水、酢の4種類で簡単に作ることができます。
そのまま飲んだり、ゼリーにしたり、アイデア次第でお料理にも使えそうです。

まだまだ、これからが夏の疲れが出る時期です。夏バテには十分ご留意ください。

▼参考URL
夏バテ解消に効果的な「しそジュース」の作り方と効能 | キナリノ
https://kinarino.jp/cat5/12292

その他 | neos |


山古志の闘牛の小太郎と神楽南蛮をモチーフにデザインされた
かわいいラベルデザインの小太郎サイダーを試飲しました!

小太郎サイダーは、REDとGREENの2タイプあり
山古志名物の神楽南蛮味のちょっとビリ辛い、風味のあるサイダーです。

GREENは飲んだ後に、ふわっと神楽南蛮の風味が感じるスッキリとした味わい、
REDの方が、より風味が強くて甘い感じの味わいで、個人的には好みでした。

やさしい刺激なので、辛いのが苦手な人でも飲める口当たりの良い仕上がりとなっています。
お酒と割ると、より美味しく楽しめるサイダーと感じました。

現在、山古志復興交流館おらたるにて絶賛販売中です!!
┌────────────────────┐
 小太郎サイダー(GREEN/RED)¥320
 小太郎サイダーBOX(各3本ずつ) ¥2,170
└────────────────────┘

●お問い合わせ先
・株式会社F-Branchi 0258-59-2308

・山古志復興交流館おらたる:http://c-marugoto.jp/yamakoshi
TEL:0258-41-1204

●参考サイト

山古志おこしのサイト https://goo.gl/FGxF3B | https://goo.gl/FqrZW4

その他 | blog |

ネオス自社製品「ふくら」がニイガタIDS大賞を受賞しました。



ここ数日、降り積もった雪を吹き飛ばすくらい爽快な気持ちと感謝感激で胸一杯です。
関わったスタッフの面々、小国和紙様をはじめ関連業者様、応援してくださった皆様本当にありがとうございます!

●わらぶ 公式ウェブサイト
http://www.wa-love.jp

●わらぶ Facebook
https://www.facebook.com/walove.Japan/

ニイガタIDSデザインコンペティション2017は、県内企業等を対象に生活を豊かにする「商品」と「仕組み」を募集するデザインコンペティションです。
各賞の表彰式、審査委員が作品の講評等を行うフォーラムを開催するほか、応募全作品を展示公開いたします。是非、ご来場ください。

●一般公開:

平成29年3月9日(木) 10:00~17:00〜3月10日(金) 10:00~15:00 (申込不要・入場無料)
会場:アオーレ長岡 アリーナ (長岡市大手通一丁目4番地 10)
出品作品:76 点(出品企業数:65 社)
場所:

●ニイガタ ids デザインコンペティション
https://www.facebook.com/idsdesigncompetition/

お知らせ | blog |

ニイガタIDS2017にわらぶから「IKEDAMA(イケダマ)」と「ふくら」を出展いたしました。

IDS(イデス)とは、NICO(公益財団法人にいがた産業創造機構)主催の
新潟 生活文化 百年物語」と並ぶコンペティションです。

テーマは、「生活ブランドの確立(MONO SYSTEM)をめざして」と
「地域発ブランド」を構築し得る産業の育成が目的です。

今年で27回目を迎えるIDSのコンペディション。
出展する企業様が毎年しのぎを削って、年々レベルも向上している模様です。
平日ですが、一般公開も今年はアオーレ長岡で開催していますので
お近くに来られた方は、ぜひお立ち寄りください。

写真では伝えきれない製品を魅力を
手にとって感じてもらえたなら嬉しいかぎりです。

●IDSのコンペディション2017
審 査:平成 29 年3月8日(水) ※非公開
プレス発表:平成 29 年3月8日(水) 17:10~17:30
表 彰 式:平成 29 年3月9日(木) 10:00~10:30
※審査委員長による各賞の発表と総評、賞状授与

ステップアップフォーラム:平成 29 年3月9日(木) 11:00~12:00、13:15~14:15
※審査委員による作品の講評と出展者等との意見交換を行うフォーラム

●一般公開:
平成29年3月9日(木) 10:00~17:00〜3月10日(金) 10:00~15:00 (申込不要・入場無料)
会場:アオーレ長岡 アリーナ (長岡市大手通一丁目4番地 10)
出品作品:76 点(出品企業数:65 社)
場所:

●ニイガタ ids デザインコンペティション
https://www.facebook.com/idsdesigncompetition/

お知らせ | blog |

長岡開府400年PR冊子「越後長岡ROOTS400」4号が完成しました。

テーマ【信濃川記行  ~ながれはつねにわれとあり~ 】

市内各地の支流を集め、大河信濃川は長岡のまちをつらぬき大海へと至る。それは、今日のまちへと至る歴史の流れそのものである。流れは今も私たちとともにある。第4号は、ゆかりの民話や詩歌、古典などから信濃川の歴史・文化を探る、風土記としての信濃川記行である。

「越後長岡ROOTS400」とは/平成30年の長岡開府400年に向けてその機運を盛り上げるため、PR冊子「越後長岡ROOTS400」を創刊。
長岡の文化や伝統、精神性のルーツを長岡藩の歴史から紐解き、長岡が培ってきた「常在戦場」などの精神を全国に広めます。

※各号のPDFを下記サイトより配信しています。
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/cate01/kaifu400/

その他 | neos |

10/22、23の2日間、長岡造形大学オープンキャンパス2016にてデザイナーズネットワーク長岡の作品展示がありました。

今年の作品テーマは「火焔土器をプロモーションしよう!」。火焔土器は今年「信濃川流域の火焔型土器と雪国文化」として日本遺産に認定されました。

2020年の東京オリンピックの聖火台に火焔土器のデザインを採用する働きかけもあり、DNNも火焔土器のプロモーションを企画しました。

今回はポスターだけでなく立体の作品もあり、色彩と迫力あふれる展示となりました。

img_2450 img_2446 img_2444 img_2443 img_2447 img_2439 img_2445 img_2449 img_2448img_2440 img_2438 img_2437

デザイン | neos |
このページの先頭へ戻る