X
    Categories: ネオスのことブログ未分類

デザインの力100号発行記念 特別ワークショップ開催

日時:2013年2月2日(土) 15時~17時
会場:株式会社ネオス パートナーズPLAZA内 PLAZAホール

お陰さまで弊社発行の「ネオスニュース「デザインの力」が
この2月で100号を迎えることができました。
その100号記念として東京から書芸塾の平野壮弦先生をお迎えして
「書芸ワークショップ」を開催いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思ってた以上に良かった!」
「毛筆でこんなに楽しめるなんて!」

2004年5月以来、約9年ぶりの2回目の開催ですが
前回もこの様な意見を参加者の方々からいただきました。

私も前回9年前のワークショップに参加するまでは書道と言えば、
精神世界、静寂、固い先入観があり、トラウマ(注)もあり・・

壮弦先生のワークショップは書道ではなく、書芸。
字の上手下手を気にせずに、あるがままの心で書いてみると
たいへん楽しく、刺激的なワークショップでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壮弦先生による「書のアートパフォーマンス」に感嘆の声があがる。
BGMのセレクトは私・佐藤担当。

曲:NILS PETTER MOLVAER – Vilderness

 

お陰さまで盛況のうちに終了いたしました。
2時間はあっという間だと思います。

まだまだ書き足りない方、思いがけず書芸アートがクセになった方、
傑作が生まれ自分の才能に気付いた方、

皆様それぞれ思い思いに楽しんでいただけたようで
私たち主催者側も感無量です!

平野壮弦先生ならびに参加者の皆様方
大変ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも「ネオスニュース「デザインの力」を
200号、300号と継続していけるよう
社員一同心がけて参りますので よろしくお願いいたします。

 

 

 

注 カミングアウト(トラウマ=小学下級生の頃、書道の宿題で、見本を下に敷いて水彩画の細筆で輪郭をトレースし墨で塗りつぶしたことが発覚し怒られた。思えばこれが私のトレースの原点だったのかも?(苦笑))

neos :